┗┐<(՞ਊ՞)>┌┛

プログラミングとミニクーパーS(F56)とバイク(セロー)と酒のブログ

GSX-R600を納車しました

 600RRを買うであろう友人に対抗するためと,もっとスポーティなライディングを味わいたいという勢いで購入に至ったGSX-R600が納車されました.

f:id:funnelbit:20130715140653j:plain

f:id:funnelbit:20130715140712j:plain

f:id:funnelbit:20130715140732j:plain
カメラ積んでなかったからスマフォで撮ったのですが画質きたねー.また一眼で撮ります.もっと美しいバイクなんですよほんと.

 まだ100キロぐらいしか走ってないで大して特性を理解してはいないのですが,慣らしのインプレを簡単にしたいと思います.

スタイリング

 よく「スズキのバイクは安っぽい」などという不届き者がいます.まあ実際その通りなバイクもあるのですが,このR600は違います.テールの角ばったデザイン,ライダーをやる気にさせるメータ,美しい塗装のタンク,カウルなど,安っぽいところなど存在しません.さすがにR6の美しさには負ける気がしますが...

 この音はほんといい...アイドリングの時点で獣が唸っているような音がします.エンジンをかけた瞬間,ただのエンジンではないことを主張してきます.やる気マンマンです.実際に発進すると四気筒のかれた心地良いサウンドとともに発進,低速では獣が唸るようなサウンドが続き,5000回転ぐらいから少しずつレーシーな音に変化していきます.特徴的な音ですので,意外と直線でも飽きが来ないです.まだ全然乗ってないけど.
 ただこの音,結構大きいです.住宅街で夜エンジンを付けるのがはばかられるほど大きいです.これで純正とは...乗ってるライダー自身は楽しくてしょうがないですが.周りに迷惑をかけないようにしたいですね.

足つき

 余裕です.僕は168cmですが,片足ならベッタリです.両足は流石にベッタリではないですが,足の1/3ぐらいはついてくれるので怖さはありません.

ポジション

 これが一番気になったところです.前乗っていたのはCB1100.殿様乗りの楽ちんバイクだったので,果たしてR600のセパハンに順応できるのか...と思ったのですが,杞憂でした.はじめはちょっと「これ長距離大丈夫かな」と思ったのですが,60kmぐらい走ったら慣れました.腕,腰がつかれるということはありません.ただ,お尻はちょっと痛くなります.休憩を適度にはさめばまあ大丈夫そうです.

 「SSはフレームが激熱!!」というインプレは多く見ますが,R600は大したことはありませんでした.町中で信号をずっと待っていると熱が上がってきますが,やけどするほどではありませんでした(渋滞とかはよくわからない).ちなみに夏です.ジーパンだとどうなのかなと思って試してみましたが,なんの問題もありませんでした.

加速

 馴らしなので7500回転までしか使えません.しかしそれでも十分です.流石に4000回転まではちょっとトルク不足ですが,回転がすぐに上がるので問題ありません.5000回転ぐらいあれば十分に車を引き離せる加速をします.低回転はスカスカ!みたいなインプレをよく見るのですが,2stのような役に立たないレベルでは全くありません.

車重

 軽い.めちゃくちゃ軽い.400ccより軽い.この軽さは気持ちいいですねー.さすがスズキが軽量化に尽力しただけある.

サスペンション

 まだあんまりわかりません...ただ,後ろのサスペンションは明らかに硬すぎです.要プリロード調整だと思います.ただ,プリロード調整用の工具は付いて来ません.自分で別途購入する必要があります.

ブレーキ

 握れば握るほど効くタイプですね.みんな嬉しいブレンボのキャリパーです.まだ性能を発揮しきれてはいません.

メータ

 やたら充実してます.ストップウォッチ,トリップメータ2つ,リザーブトリップ(燃料が4リッターを切ると計測を開始するトリップメータ),ギアインジケータ,エンジン回転数インジケータ(ギアを上げるタイミングでピカピカひかるアレ),時計,油圧インジケータ,水温計,ヒューエルインジケータライト(ガスがなくなってくると光ったり点滅したりする)などなど.燃料計はありません.
 時計やトリップメータはスイッチによる操作で表示を切り替えるのですが,このスイッチはメータ横にあるものに加え,スロットルレバーの左側にもついており,手を伸ばさなくても操作が可能となっています.

 まだまだ全然乗りこなせていないので,とりあえずマシンの慣らしと並行して,自分自身の慣らしも行なっていこうと思います.

それにしても....

 いやーなんかえらい所まで来たなーという感じです.初めてカブに乗った時,まさか自分がこんなバイクに乗ることになるとは夢にも思っていませんでした.大学で仲間ができた時も,SSは憧れのマシン的な存在で,友人と寮で「コケた時のこととか考えると,こんなの絶対買えないなーwwwww」とか言っていました.それがまさか乗ることになろうとは...わかんないもんですね,いろいろ.

 友人もすぐに追いついてくると思うので,また学部の頃のように,ワクワクしたライディングを楽しみたいですね.