┗┐<(՞ਊ՞)>┌┛

プログラミングとミニクーパーS(F56)とバイク(セロー)と酒のブログ

marvericksでxcode-select --install したいけどできなかった場合

 こんな事態になっている人,いったい世界で何人いるんだろう.

 ある日,`brew doctor`してみると,こんなエラーが出てました.

Warning: No developer tools installed.
You should install the Command Line Tools.
Run `xcode-select --install` to install them.

 ああはい,xcode-select --installすればいいんでしょ,と思って実行してみると実行できない.というか,そんなオプションは無いという結果が返ってくる.

 なんだこれはと思って,じゃあ`xcode-select --version`でxcode-selectのバージョンは何かと見てみると,`2003`と返ってきた.会社の同じチームの人のxcode-selectのバージョンは`2333`だったので明らかに古い.

 じゃあこれを何とかしてバージョンアップしたい.でも,xcode-selectのバージョンアップなんてどこにも情報がない.そもそもxcode-selectってXcodeに付属しているものなのか,もともとOSに入っているのか,それ以外の何かなのか何もわからない.あとなんで僕のマシンだけ古いバージョンが古いのかも理解できない.

 xcodeを入れなおしてみたけどバージョンに変化なし.コマンドラインツールを入れなおしても変化なし.コマンドラインツールを初期化してくれるシェルスクリプトとかネットにあったけど,実行すると「コマンドラインツールねーぞ」って言われる

 もうよくわかない.

 おもむろにxcode-selectが一体どこにあるのか見てみると

% which xcode-select                                                                                                                                                                                                                                         
/usr/bin/xcode-select

`/usr/bin`以下であることがわかった.そこのxcode-selectのファイルの作成日時を見てみると
f:id:funnelbit:20140415091619p:plain

なんか明らかに古い.今のOSはmarvericksで、mountain lionからのアップデート.なんかもしかしたら,アップデート時になにか失敗してて,やたら古いファイルが残っているのでは?という話になってきた.

 試しに`/usr/bin`以下のファイルの作成日時見てみると
f:id:funnelbit:20140415093517p:plain
もうなんか色々古い.2011年...

 これはOSアップデート時に色々とおかしくなったと言う予想で,OSを再インストールした.MacのOS再インストールは,どこかのOSと違ってユーザが作成したファイルを削除しないので気軽にやってみた.結構時間かかって1時間以上はかかっていた.

 再インストール後,xcode-selectのバージョンを見てみると

% xcode-select -v
xcode-select version 2333.

と表示され,`xcode-select --install`を叩くと
f:id:funnelbit:20140415092529p:plain
ようやくそれらしいのが動き出し,brew doctorで「xcode-select --installせよ」と言われなくなった.

 ちなみに再インストールすると,これまでhomebrewでインストールされたものは残っているものの,実行しても見つからないという事態が起きた(rbenv -vとかしても「無いよそんなの」ってなる).brew listしてみるとちゃんとあるようにみえる.これはbrewでインストールしたものを抹消して,もう一度インストールすると解決した.

 ※ここにある問題は全てid:cockscombさんによって解決されました.僕何もしてません.本当にありがとうございました.