読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

┗┐<(՞ਊ՞)>┌┛

プログラミングとミニクーパーS(F56)とバイク(セロー)と酒のブログ

古のヘッドホン「PIONEER SE-25」発掘して使った

今朝,家のオーディオ機器置き場にずーっとおいてあった,古びたヘッドホンがあったことを思い出した.父親が若い頃に買ったものだった.物心ついたときからすでにあって,小さい頃は「なんか古いヘッドホンだなあ」としか思ってなかったけれど,最近高いイヤホンかったりして,そういうものに興味が出てきていた.
思い出すと無性に聴いてみたくなって,家の中を探して見つけたので使ってみた.
f:id:funnelbit:20140608191850j:plain
こんな外観.

横には型番が書いてある.
f:id:funnelbit:20140608191900j:plain

早速聴いてみる.端子は6.3mmプラグなので3.5mmに変換してiPhoneに挿してみた.まず全体の印象としては,最近のヘッドホンのように音がクリアでない.ちょっともやっとしてる感じ.でも不思議と不快に感じない.クリアではないけど,音がよく響いてるので不快に感じないのかも知れない.

次にギターの音がとても良く聞こえることに気がつく.ほんとによく聞こえる.それも,ただ目立っているだけではなくて,なんというか上手く言えないけど,フォークソングが合いそうな,どこか古い感じの響き方をする(全然表現できない...).だからギターメインな素朴な曲を聴くと楽しい.

ならばこれはどうだと,試しにボーカロイド聴いてみると,いい感じに音がもやっとしているので,初音ミクの電子音的な尖った部分が丸くなって,声が妙に現実的に聞こえる.これは予想外台だった.ただしバックミュージックが電子音バリバリな曲を聴くとあんまり楽しくない.

なんか「めちゃくちゃよい!!!」というわけではないけど,音の響き方が珍しいのでずっと聴いてしまう,そんな印象を受けた.

何時の製品?

調べて見るとこんな製品であることがわかった.
http://20cheaddatebase.web.fc2.com/pioneer/SE-25.html

1971年と書いてある.僕はこのヘッドホンが発売されてから,18年後に生まれている.今から43年前.こいつはすごい.wikipediaで同時の出来事を調べてみると.マクドナルド日本第1号店がオープンしたのがこの年だし,「仮面ライダー」放映開始もこの年.そしてNHK総合テレビが全放送カラー化したりしてる.渋い.

値段を見てみると,3500円とある.「3500円?いやこれそんな値段の音じゃないぞ...」と一瞬思ったけど,すぐに物価が同じはずがないと気がつく.当時の大学卒のサラリーは
http://www.777money.com/torivia/daisotu_syoninkyu.htm
4万円ぐらいらしい.だから当時としては,十分いい部類に入るヘッドホンだったのだろう.

43年前のヘッドホンを聴いている,しかも当時の使用者だった父親が若かった頃,アナログなカセットやレコードを聴いていたヘッドホンを,今こうして(当時はまだ設立すらされていなかった)アップルのプロダクトでデジタルデータを聴いてると考えると,なんだかこう,胸に来るものがある.端子の付け根がちょっと割れてたり,金属すこし錆びてて若干不安な感じはあるけど,問題なく使えるし面白い鳴り方をしてくれる.家で大切に使っていこうと思う.

広告を非表示にする