┗┐<(՞ਊ՞)>┌┛

プログラミングとミニクーパーS(F56)とバイク(セロー)と酒のブログ

引っ越しした

 先週の水曜日から新居に住み始めた。場所は会社から近いところ。

 これまでは実家から電車で会社に通っていたけれど、上手いこと乗り換えしないと最大で1時間20分掛かる道のりだった。加えて、夜は乗り換えのためにサラリーマンと短距離走をする必要があった(途中に信号があるので、一定の確率で赤になり乗り換え失敗。そうなると20分ほど駅で待たされる)。途中で本屋とかちょっと寄るだけでも、家に帰るまでに2時間ほど要した。

 一応入社時は引っ越しをしようと思っていたけれど、何故か親戚にやたら反対されてやめた経緯があった。「電車の中でも本とか読んで勉強できるからまあいいか」と思っていたけれど、夜の電車の中は予想以上に騒々しくて、子どものしつけを巡って親が喧嘩してたり、クチからアルコール臭を放つ人たちが大声で話してたり、とにかく治安が悪く、学習失敗の連続だった。しかも乗り換え二回あるのでその都度集中が切れて、もはや全てが最悪という状況下だった。
 帰った後もかなり消耗してて、2時間ぐらいはコード書く時間があるけれど、ちょっと詰まるとあっという間に過ぎ去ってしまう。そこでちょっとだけ延長すると、あっという間に睡眠失敗になってしまうのだった。

 あと、遊びに行くのも問題だった。実家は田舎なので、遊びに行くと電車で長い時間をかけて大阪か京都市内に行かなければならない。これは結構大変で、例えばただ服を買いに行くだけでも異様な労力を要した。
 地元はもう昔から住んでて知り尽くしてるし面白い出来事はなく、さらに地元から気軽にアクセスできるツーリングスポットも全て行き尽くした。ちょっと遠くに行こうとしても、そこまでの道のりはもう何回も走っていて、走る前から走る場所を想像できてしまう。ツーリングに行っても、ワクワク感が全くなかった。
 地元の友人もじょじょに地元を離れていき、特にいつも酒を飲んでいた友人が実家を離れた時には「このまま実家から通うメリットって一体何なんだ?」と思うようになった。お金は使わずに済むけれど、今漠然と思考停止して貯金するよりも、金銭を支払って時間を買ってやるべきことがあるのではないか、と考えるようになった。

 あと一人で生きるってどんな感じなのか、今のうちに知っておきたかった。この先どうなるかしらんけど、30代でいきなりひとり暮らししないといけなくなると、きっとしんどいに違いない。

 そんなわけで引っ越した。時期的に今は安いということで7月に部屋を決めて8月中に引っ越しを敢行した。今はようやく落ち着いたけど、すんごい大変だった。

 引っ越ししてみてまず思ったのは、とにかく会社から近いので睡眠が取れる。これは素晴らしいメリット。ゾンビのような顔をしながら出社しなくて住む。もう一つは家で何かする時間がめちゃくちゃ増える。家事をする必要はあるけれど、それでもかなりの自由時間を確保できる。コード書けるし本読めるしなんでもできる。

 大体落ち着いたので一安心だけど、とりあえずカーペットほしい。今はダンボール敷いてる。

広告を非表示にする